人はどこまでも自由だし、制限は自分の頭の中にしか存在しない

LINEで送る
Pocket

お昼にお父さんの作ったおいしいお弁当を食べながら思った。

こんなことが起きるなんて昔の私は想像できた?って。

それは想像できなかった。

でも、今の自分がこんな感じでいること想像できた?って考えると、想像できたかも半分くらいは。

自分でコントロールできることと勝手に起きてしまうこと、いろんなことが絡み合っているけれど結構思い通りに人生運ぶのでは?となんとなーく思った。

言語化できるほど、こうでああでって言葉は浮かんでこないけどなんとなくそう思った。

人生は川でカヌーを漕ぐようなもんで、転覆させられたりいきなり流れが速くなったり他のカヌーにぶつけられたり、思いがけないことが絶対に起きるけど、基本は自由に動きまわれるし、自分で行く先を決めるんだろう

自分はこれくらいしか無理、不可能って思うのをやめたら、途端に選択肢は増えるし何にでもなれる

この世の情報だけじゃなくて自分も無意識に制限をかけがちだけど、まじそれ邪魔でしかないな

結局いつもの自分がどうしたくて、どうなりたいかに戻る。

人は自由!どこまでもいけるし、制限となるものは自分が作り出す毒だし幻だし言い訳。

自分がどこまでも自由な存在だということを肝に銘じておこう。

欲しいものもなりたいものも、やりたいことも素直にそのまま持っておこう。

眠いから何がいいたいかわからない、ただの日記おしまい!

bali-happy-me

 

コメントを残す