最高のタイミングなんてこの世にはまじ存在しない。

LINEで送る
Pocket

流行りは15歳から30歳の人を対象にしてつくられて、この世のしくみはおっさんがつくっている。
30歳をこえると、なんだかどこにも属してないような感覚があり、あーなんか自由だし注目もされないし、私ってものを自分で考えて行動してつくらないといけないなとつくづく思うのである。

そこそこ経験も積み、お金にも余裕ができて全部自分で決めていいし、世間も注目してくれない最高に自由な時期なのに、なぜかそんな頑張る気もしない。
そして自分自身のことじゃない問題に巻き込まれる。
まー思い通りにいかない。
最高のタイミングなんてこの世にはまじ存在しない。
まじそう思う。

だから自分がどんな状況にあろうと、タイミングがめちゃくちゃ悪そうでも、やりたいと思ったことはとりあえずやってみようと思ってる。
最高のタイミングなんて幻なんだから、もう毎日が最高のタイミングってことでいいじゃないと思う。
昔は何かをするならいい結果を出したい、失敗したくない満足したいと思ってたけど今はそうじゃない。
失敗も経験だし、やったことが自分的に30点の出来であろうとやるべきと思う。
本物の大人になると、自分自身の気力ややりたいことへの情熱を持ち続けることが一番大変。
だから私は今日もやりたいことはやるのであーる。
やりたいことっていうのは、結局自分で選ぶこと。
毎日やってること。
結果はどうであれ、やりたいことをスタートした時点で自分の人生は半分は思い通りにいってる、そう思いたい、今日は!
omoidoori

コメントを残す