日記・着たい服がない

LINEで送る
Pocket

着たい服がない。

こんなにも着たい服がないというのは生まれはじめてかもしれない。

買い物に行くけど、だいたい買わない、いや、買ったとしても人と会うための服、よそ行きの自分用だ。

なんというか、人の思想のかたまりの服がなんともしっくりこない。
逆に量産でなんもないものも着たくないし、本当にしっくりこない。

これは一体何なんだろうか?
これは老化の一種なんだろうか???
素敵だなーいいなーって思うのに。
着るとなるとなんか違う。

服と自分が調和しないというか、そういう違和感を感じてしまう。
私の好きなのは長くずっとつけているアクセサリーだとか、趣味趣向思考なんかの延長線上にあるものとか、自分から離れていないものだ。
自分らしいとえばいいのか、むしろそんな言葉が出ないほどに馴染みたい。
それが理想だ。

服なんてどーでもいいというわけではない。
むしろ服はすごく好きだし、ただ単に着たい服がないだけ。

そんなこんなで自分で服を作り始めたら、すごくいいじゃないってなってる。
おしゃれとかメッセージ性とか時代とか全部置き去りにして、ただ自分のそばにあって違和感なく馴染む。

自分の着たい服を素材から選んで、好きなサイズとデザインで着る。
どうしたって自分ぽい。
これからは自分でつくることが増えるだろう。
自分で作ったものを中心に服を着れるようになりたい。
特別なものじゃなくて、服を意識しないくらい自分というものにフィットしてるものが着たい。
綺麗な服、かっこいい服、面白い服、明るい服、強い服、いろんな服があるけれど、自分らしい自分による自分のための服。

tshirt1

コメントを残す