週3労働にしたら人生が変わった

LINEで送る
Pocket

ちゃお!
私だ!

今年の秋から週5労働から週3労働に変えたんだけど、驚くほどいい方向に変化したので書いてみようと思う。
そもそもブログをはじめられたのも週3労働のおかげ。
今日思ったこと、思い出したことしか書けないのが残念なくらいだ。

ted party

まず、自分の時間がでできてやったことは 定番!平日に遊ぶこと、おしゃれをすることだった。

ランチやお茶にでかけたり
平日にちょっと遠出したり
化粧を丁寧にし髪をアレンジするなど身支度に時間をかけたり
ネットショッピングではなく店舗でたくさん試着し服を買ったり
髪も久しぶりにブリーチをしたり
美容皮膚科に通ったり

他人からするとくだらないことかもしれないし、時間をうまく活用できる人からすると普段からやってることだと思うし、体力があれば睡眠削ればどうにかなる。

でも私は基本ぐーたら。
仕事の日は配偶者とほんのちょっとの知り合いと圧倒的多数の知らない人にしか会わない生活だからおしゃれする気もさほどなかったし、ちゃんと寝たい・むしろよく寝たいし、土日のどっちかはお家にいたいマンなので、そもそも遊びと身なりを整える時間が足りなかったのである。
だから、もう一度学生のときみたいに気ままに余裕をもって自分のことだけやってみたかった。

時間に余裕ができいつも綺麗にして好き勝手に遊んでいると、心に余裕が生まれて、順番抜かしとか待ち時間とかその他日常に潜む小さなイライラをほとんど許せるようになった。
大変な人どーぞ、お先に!なんていう気持ちが生まれる。
そしたら、イライラしない自分が好きになって、自分のこといいなって思えてくる。

心の余裕ってすごいね、この心境になるまで1か月かかってないと思う。

そしたら、次は人にやさしくできるようになった。
自分が満足してるもんだからね、人に何かするのが昔より苦じゃないし、なんていうか自然に他人を思いやれる。
「周りが幸せだと、自分ももっと幸せ」なので、最近すごく満たされてるのである。

でもねー、こういう気持ちだけで終わるわけがない!!!笑

はじめはめっちゃ幸せで楽しかったけど、こういうのはすぐ当たり前になって慣れちゃう。
飽きるとは違うから、いい効果はそのままだ。(最高)

でもなんとなーくモヤモヤの気持ちが生まれる。
物足りない!
貪欲ドン子代表の私は本当どーしょうもないのである。

ted

そして次にやったことは、自分にとっての「これ!!」をみつけるスイッチを再びONにしたこと。

ちょっとオカルトチックだけど、私は小学生のときからすでに「私は何かしないといけない!それを探すのだ、それが私の使命」と思って生きている。

だから、私は小学生のころから世間の常識やみんなと同じことより、自分の気持ちと考えをとても大切にしていたし、今も思い立ったら即行動派だし、やりたいことは何でもやってきた。
しかしあまりにもどれも違うから、いい加減ちょっと心が折れてここ3年くらいはペースダウンしてた。
でも今すっごく幸せで満足だからこそ、もう一度探してみようと思う。
「自分にとってのこれだ!」ってものを。
いつか点と点がつながり線になり、それが形になるときがくると信じて淡々とやりたいことをやってみようと思う。

あと変わったことは、仕事に対する意欲が最近湧いてきたところ。
なぜかは不明なんだけど、心の余裕がそうさせるのかな。

仕事飽きた、やめたい、やりたくなーい、嫌い!っていう思いが薄まってきて、仕事うまもくやればいいじゃないか!と最近思えるようになってきた。
しかも勝手にな。
すごくない?!
だから、今仕事関係に必要な勉強もスタートしたし、新しいことも数年ぶりに考えてる。

週3労働いいね!やってみたいなと思ってくれた大体の人は、お金どーするねん問題にぶち当たると思う。
私は、これを実行するために貯金や配偶者のサポートを何年も行ってきたし、『お金と私』について(これはまた今度話すわ)考えたし、色々な用意をしてた。
だから、人に仕事を減らせ、やめろ!なんて絶対言えない。

ただね、やりたいことを実現する努力は常にしようよってことだけは言いたい。
無理!って思ったら可能性を自ら0にするだけ。
ベストにこだわらず、55点でもいいからまず実現してみよう。
ベターでもやらぬよりマシ、人生は自分で作るもの。


疲れたのでまたね!

コメントを残す